ヤクルトについて ヤクルト北海道

企業理念

私たちは、生命科学の追究を基盤として、世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献します。

代田 稔(シロタ ミノル)
代田 稔 (シロタ ミノル)
1899~1982
医学博士
株式会社ヤクルト本社
元代表取締役会長兼
中央研究所所長

生涯を腸内菌の研究と予防医学の普及に捧げ、昭和57年、82歳で生涯を閉じる。

健康への情熱、発想
「世界の人々の健康を守りたい」

ヤクルトの創始者で医学博士の代田 稔が京都帝国大学(現在の京都大学)で医学の道を歩みだしたのは1921年。その当時日本はまだ豊かとはいえず、衛生状態の悪さから感染症で命を落とす子供たちが数多くいました。
そんな現実に胸を痛めていた医学生時代の代田は、病気にかかってから治療するのではなく、病気にかからないようにする「予防医学」を志し、微生物研究の道に入りました。
そこで乳酸菌が腸の中の悪い菌を抑えることを発見、これをさらに強化培養することに世界で初めて成功しました。
それが、今日「乳酸菌 シロタ株」と呼ばれる学術名「ラクトバチルス カゼイ シロタ株」という乳酸菌です。
その後、代田は生きて腸内に到達し有用な働きをする「乳酸菌 シロタ株」を一人でも多くの人々に摂取してもらうため、有志と共に安価でおいしい乳酸菌飲料として製品化することを目指しました。
そして1935年に乳酸菌飲料「ヤクルト」が誕生しました。
世界の人々の健康を守りたい。
代田 稔の情熱と発想、飽くなき探究心は、今も、脈々と受け継がれています。

ヤクルト中央研究所についてはこちら

ページの先頭に戻る

ヤクルトの原点、代田イズム

ヤクルトでは、創始者である代田の考えを「代田イズム」と呼び、現在もすべての事業の原点としています。
「代田イズム」には、「予防医学」「健腸長寿」「誰もが手に入れられる価格で」という3つの基本的な考えに代田の想いが込められており、今日まで受け継がれています。

予防医学・健腸長寿・誰もが手に入れられる価格で・普及・人の和・真心・感謝

ページの先頭に戻る

コーポレートスローガン

人も地球も健康に Yakult

<コーポレートスローガンに込めた想い>
人が健康であるためには、人だけではなく周りのもの
すべてが健康でなければなりません。
ヤクルトは、水、土壌、空気、動物、植物、そして人々が織り成す社会、
これら全てが健康であって初めて、人は健康的に生活できるのであり、
健全な社会が築かれるのだと考えています。

太古の昔から、地球上では様々な“共生”の関係が、自然環境や社会環境を形成してきました。
例えば地球と、地球環境浄化に大きな働きをする微生物との共生。私たち人間と、人に健康をもたらす有用微生物との共生。そして、通い合う心で温かな社会を醸成する人と人の共生などです。
ヤクルトは、長年培った微生物研究の成果を、人の健康づくりだけでなく、健康な地球環境づくりにも生かしたい、また、お客さまとヤクルトとの間に育まれた絆を通じて、人と人の、心が触れ合う温かな社会づくりのお手伝いをしたい、と考えています。
地球と人と微生物。それぞれを結ぶ共生の力を生かして、ヤクルトが目指すのは、世界の人々の健康で楽しい生活づくりへの貢献です。

ページの先頭に戻る

事業概要

代田イズムを礎に、世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献

ヤクルトは、代田イズムを礎に「生命科学の追究を基盤として、世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献します。」という企業理念を基軸に事業展開を行っています。

食品事業

食品事業
プロバイオティクスの可能性を広げていくヤクルトの乳製品と、健康ニーズに応える優れた機能性飲料

近年、人の腸でよい働きをする乳酸菌やビフィズス菌のパワーを健康維持・増進に役立てようとする「プロバイオティクス」という考えが世界中に広まっています。
これは、ヤクルトの創始者である代田 稔が唱えた「予防医学」「健腸長寿」そのものと言えます。「ヤクルト」をはじめとする乳製品乳酸菌飲料、はっ酵乳はすべて「予防医学」「健腸長寿」の考え方に基づいています。長年の研究から数々の乳製品が生まれ、多くの方々に愛飲されています。
また、現代病や生活習慣病予防の見地から、様々な健康効果が期待できる機能性に優れた飲料も開発・発売しています。
今後も、ヤクルトはプロバイオティクスのリーディングカンパニーとして、これからも「人々の健康に貢献する」ことを目的に、予防医学に基づいた乳酸菌の可能性をさらに追究するとともに、機能性飲料の研究開発も積極的に進めていきます。

化粧品事業

化粧品事業
素肌美を追究した乳酸菌研究から生まれた化粧品

ヤクルトの化粧品は、「乳酸菌のチカラを、素肌のチカラに。」のスローガンに基づいて開発しています。
体に良い乳酸菌は肌にも良い。この発想をもとに研究を重ね、1955年スキンケアのための乳酸菌培養液「乳酸菌はっ酵エキス(保湿成分)」を開発しました。その後も、乳酸菌由来の「高分子ヒアルロン酸(保湿成分)」などのオリジナル成分の開発や肌の研究を重ねています。
化粧品事業のブランド名称は、Yakult Beautiens(ヤクルトビューティエンス)。「お客さま一人ひとりの肌の状態にあった化粧品をご提案したい」という想いから、ヤクルトビューティやヤクルトレディを通して全国のお客さまにお届けしています。

化粧品事業についてはこちら

医薬品事業

医薬品事業
オンコロジーカンパニーとして世界の「がん医療」に貢献

ヤクルト医薬品事業は、1961年、食品や医薬品の原料となる酵素を用いた製品の開発からスタートしました。
1967年医療用医薬品の販売を開始。現在では一般用医薬品(医薬部外品)、医療機器、試薬などにも事業の分野を広げています。
また、主力の抗がん剤に関しては、化学療法抗がん剤「カンプト点滴静注」を開発しました。現在は、「エルプラット」を加えた2つの抗がん剤を中心に、世界に評価されるオンコロジーカンパニーとして医療・医薬への取り組みを進めています。

医薬品事業についてはこちら

国際事業

国際事業
世界で毎日3,500万本以上を販売

「世界中の人々の健康を守る」という、創始者である代田 稔の願いから、ヤクルトは海外へとフィールドを広げました。
生活文化や食習慣は違っても、「健康は人類共通の願い」であると信じ、乳酸菌への理解を深めていただく取り組みを進めています。1964年、台湾での営業開始を皮切りに、アジア、オセアニア、米州、欧州へと、世界にネットワークを広げました。ヤクルトの乳製品は、現在、世界38の国と地域で、毎日、3,500万本が販売されています。

国際事業についてはこちら

ページの先頭に戻る

会社沿革

昭和 5年(1930) 故・代田 稔((株)ヤクルト本社元会長)が、京都帝国大学医学部微生物学教室において、
特殊乳酸桿菌(乳酸菌 シロタ株(L.カゼイ YIT 9029))の強化・培養に成功
昭和10年(1935) 福岡市において、「代田保護菌研究所」のもとに「ヤクルト」の製造・販売を開始
昭和13年(1938) 「ヤクルト」の商標を登録
昭和15年(1940) 販売専門の「代田保護菌普及会」が各地に誕生
昭和30年(1955) (株)ヤクルト本社設立
以降、北海道内に各販売会社設立
昭和38年(1963) 婦人販売店システムの導入を開始(ヤクルトレディによるお届け)
昭和39年(1964) 台湾ヤクルト(株)が営業開始(初の海外進出)
昭和43年(1968) プラスチック容器を導入
「サンケイアトムズ」(現(株)ヤクルト球団)の経営継承
昭和45年(1970) 「ジョア」を発売
昭和46年(1971) 化粧品分野に本格参入
昭和47年(1972) ヤクルトレディによる「愛の訪問活動」を開始
昭和50年(1975) 医薬品分野に本格参入
昭和53年(1978) 「ミルミル」を発売
昭和55年(1980) 「タフマン」を発売
平成 7年(1995) 高級基礎化粧品「パラビオ」シリーズ(医薬部外品)を発売
「ヤクルトBL整腸薬」を発売
平成10年(1998) 「ヤクルト」に特定保健用食品の表示(許可を取得)
「蕃爽麗茶」を発売(平成12年に特定保健用食品の表示)
平成11年(1999) 「ヤクルト400」を発売(平成13年に特定保健用食品の表示)
平成20年(2008) 「ヤクルト400LT」を発売
「ヤクルト」が「2008年グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」(Gマーク)を受賞
平成22年(2010) 「ミルミル」をリニューアル発売
平成23年(2011) ヤクルト容器の形状を立体商標登録
平成24年(2012) ヤクルト宇宙プロジェクト”YAKULT SPACE DISCOVERY”を始動
平成25年(2013) 「乳酸菌 シロタ株」が米国・食品医薬品局(FDA)によりGRAS認証を取得
「Newヤクルト」を発売
平成26年(2014) 「ヤクルトゴールド」を発売
平成27年(2015) 東京ヤクルトスワローズが7回目のセ・リーグ優勝、日本シリーズ進出
平成28年(2016) 世界の乳製品1日平均販売本数が3500万本となる
新しいヤクルト中央研究所が完成
PAGETOP