ヤクルトレディのお仕事 ヤクルト北海道

ヤクルトレディのお仕事とは?

ヤクルトレディのお仕事とは?

ヤクルト商品や健康に関する情報と共に、
お客さまに「笑顔」をお届けし地域を元気にすること

ヤクルトレディのお仕事は地域の笑顔を咲かせる事です。
「いつもありがとう」「待っていたのよ」そんなあたたかいお客さまからの声が励みであり喜びです。
活躍しているスタッフの多くは主婦の方達で、みなさん家事と仕事を上手に両立しています。

ページの先頭に戻る

ヤクルトレディの1日

ヤクルトレディの中には、「小さな子どもを育てながら」「家事と仕事を両立させて」いる素敵な女性がたくさんいます。
それは、ヤクルトに“女性がイキイキと働ける秘密”がいっぱいあるから。
ここでは、そんなヤクルトレディの一日をご紹介します。

AM8:45
ヤクルトの保育所に到着!
「ママ、がんばってくるからね。」
ヤクルトレディがお仕事の起点とするセンターの近くには保育所があるから、便利で安心です。子どもを預けて、センターへGO!
※一部、保育所のないセンターもあります。
AM9:00
ヤクルトレディの制服に着替えるとお仕事モードで気持ちもシャキッ!
今日お届けする商品を持って、「行ってきます!」
AM10:00
「いつものお客さま、今日も元気かな?」
真心をこめて、お届けします!
ヤクルトレディは、職場やご自宅など、いろんなところへ伺います。
さまざまなお客さまがいらっしゃるので、会話を通して学ぶことも多いんです。
PM1:00
センターに戻ってきて、ホッと一息。
みんなとワイワイ、ランチタイム。
仕事のことだけでなく、プライベートな相談に乗ってもらうこともあるんです。
PM1:30
お客さまの顔を思い浮かべながら、明日の準備も万端。
今日の売上をまとめたり、明日お届けする商品の準備をします。
大切なお客さまだから、お届けする商品も、しっかり把握!
PM2:00
今日の仕事はこれで終わり!
保育所へ子どもをお迎えに行って、一緒に帰ります。
「今日はスーパーの特売に寄って、ごちそうを作らなきゃ!」
毎日にメリハリがついて楽しい!

※地域や勤務場所によって、1日のスケジュールは異なります。

ページの先頭に戻る

ヤクルトレディのお仕事のやりがい

ヤクルトレディのお仕事のやりがいとはなんでしょうか?
実際に北海道で働く先輩ヤクルトレディ達にお話しを伺ってみました!

ヤクルトレディのお仕事の楽しいところは?
「ヤクルトレディのお仕事の楽しいところは何ですか?」

「お客さまとの何気ない会話ですね。お客さまのところに行くと、いろんな話をしてくれて…花の話とか、食べ物の話とか、近所のおばさん同士の話みたいな(笑)。それで、お客さまからどんどん元気をもらって帰ってくるんです。」
「中には、『あんたまだ子供もいるんだから、元気でいなきゃならんよ』とか『気をつけて車運転するんだよ』とか心配してくださるお客さまもいらっしゃって。そういうのがすごく嬉しいですね。」
「思うように仕事が進まない時や、家のことでへこむ日もあるんですけど…センターに戻るとヤクルトレディの仲間がいるので。自分だけだとなかなか消化できないこともあるけど、同じ仲間同士みんなで話をすれば、気持ちを切り替えて前向きになれるんです。」

ヤクルトレディを続けている理由は?
「ヤクルトレディを続けている理由はなんですか?」

「私すごく飽きっぽい性格で、なんでも続いたことがないんですけど、この仕事だけは続いているんですよね。お客さまに喜んでもらっていることを、直に感じられるからかな。ちょっとお届けの時間が遅れただけでも、心配してくれたり、待っててくれるお客さまとかいるんですよ。そういうのがすっごく自分にとってありがたくって。雨でもなんでも行かなきゃな!って思います。」
「私もこの仕事が一番長くて。他のヤクルトレディもみんなそうだと思いますけど、喜んでもらえることがうれしいから続けられるんだと思います。いつも心配してくれたり、励ましの声をかけていただいたり。自分の親以上に親身になってくださって。自分のおじいちゃんおばあちゃんや親の世代の人たちと毎日接しているので、いろんなことを教えていただいたり、すごく優しさを感じる時もあります。いただいた思いやりを自分も返していきたいなっていうのはありますね。長く働いていると、人のつながりというか、人の輪がだんだん広まっていく感じがするんですよね。決して楽な仕事ではないと思うんですけど、お客さまに喜んでいただいたり、ヤクルトレディの仲間の存在とかあって、やめられないですね。」

ヤクルトレディをやっててよかった!と思う瞬間は?
「『ヤクルトレディをやっててよかった!』と思う瞬間は?」

「数年に1度、選ばれたヤクルトレディだけが参加できる式典があるんですけど。その式典に参加させていただいた時に、『自分が頑張ったからじゃなく、ヤクルトを飲んでくれるお客さまやセンターの仲間がいたから行けるんだ!』っていうのがすごく嬉しかったんですよね。自分一人だけじゃなくて、皆に支えられてやってきて、結果が出たっていうのが。そういう機会とかに恵まれたってことがすごく嬉しいですよね。またその式典に行けるように頑張ろう!って思います。」

ヤクルトには、地域密着型のお仕事だからこそ得られる“お客さまや仲間とのつながり”があります。
さぁ、あなたも先輩ヤクルトレディ達のように、人との出会いの魅力にどっぷりはまってみませんか?

ヤクルトレディの応募はこちら

PAGETOP